iPhoneの故障(ボタン関連)

今回はiPhoneのよくある故障箇所と修理方法について紹介しようと思います。一回目は「ボタン関連」の故障・不具合を紹介いたします。

iPhoneの故障で経年劣化でなってしまうのが各種ボタン関連の不具合です。このボタンの不具合はiPhone4/iPhone4s/iPhone5/iPhone5c/iPhone5sの端末に多く見られる症状で、特に「電源ボタン」と「ホームボタン」が反応しなくなったり感度が悪くなったりします。この故障は部品を交換することで、だいたいは簡単に直りますので、iPhoneのジャンク品を扱う買取店は喜んで買取してくれます。ただ、修理するのがちょっとだけ面倒ということや部品交換代がかかるということで、そのことを考慮されての査定金額になってしまう可能性は高いですね。でも知識としてボタンの不具合は修理可能だと知識に入れておけば、バカみたいな査定額に騙されることなく交渉できると思います。

ただ、iPhone5sから搭載された「指紋認証機能」だけは部品交換をすると指紋認証機能が使えなくなってしまいますので、iPhone5s以降の機種で「ホームボタン」が使えなくなってしまったジャンク品の場合だと買取時の高額査定は厳しいかもしれません。

特にiPhone7になると指紋認証を諦めたとしてもボタンとして機能させるのに、質の良い部品が必要ですので、iPhone修理屋さんはその部品仕入れに結構困っています。しかも、iPhone7のホームボタンは意外と壊れやすいことで業界でも有名です。売ること(下取り)も考えてiPhone7のホームボタンの故障・不具合だけは気をつけたほういいと思います。

犬に噛まれたり落としたりで割れてしまうケースがあり、iPhone7のホームボタンは割ってしまうと機能しなくなってしまいます。iPhone修理屋が言うのもなんですが、割れてしまったり、壊れてしまったら修理するのではなく、Appleの保証サービスで本体交換することをお勧めします。

アクティベーションロック (2)

前回は、iPhoneを初期化したが「Apple ID」と「PASS」が分からなくてiPhoneが使えなくなってしまったと言うところまでお伝えしてありました。こんな「アクティベーションロック」が起こるケースもたくさんあるようですが、そんな使えなくなってしまったiPhoneを捨ててしまうのはもったいないといつも思っていました。

このアクティベーションロックはどういうことなのかを説明するのが長くなってしまいましたが、いよいよ本題の話に戻します。

アクティベーションロックが掛かって文鎮化(起動しないのでオブジェ化)してしまったiPhoneでも喜んで買取してくれる業者(買取店)があるんです。iPhoneの修理店と買取店を一緒にやっている業者なら、起動しない端末でも、iPhoneとしてではなく部品として使えるので、案外いい値段で買取ってくれます。大手の買取店は厳しいと思いますので、ネットなどで(アクティベーションロック 買取)とかで検索してみてください。結構沢山のお店がヒットすると思います。

iPhoneは部品取りだけの目的で買取してくれることがあります。iPhone修理を一緒にやっている業者なら使える部品だけでも部品取りすれば修理に役立ちますよね。デモ用の部品などにも使う事が出来ますし、使い勝手が良いのです。

基本的に、iPhoneのジャンク品と言うのはどこの店舗でも買取は敬遠されがちです。それは仕方がない事で、壊れている(電源が入らない、起動しない)のですから動作などが正常なiPhoneを買取するよりは抵抗がありますし、リスクが伴ってきます。しかし、今ではジャンク品に対する価値もだいぶ上がってきたような気がします。アクティベーションロックで諦めずに先ほども言いましたが、まずは「アクティベーションロック iPhone買取」などで検索してみて下さい。

アクティベーションロック

もしiPhoneを落としてしまったり、紛失してしまったときに皆さんはどうされますか?そんな時に役に立つ「iPhoneを探す」と「アクティベーションロック」についてです。

私のリアルな話になるのですが、東京へ友達と遊びに行ってる最中にiPhoneをなくしてしまいました…。
新宿のトイレに置き忘れたのですが、数分後に戻ったらもうありませんでした(T ^ T)しかも…友達と別行動をしており頭真っ白w池袋に待ち合わせだったので、とりあえず池袋に向かい駅前で公衆電話を探し携帯の番号を覚えていたAさんに電話をしてBさんの番号を聞きBさんから一緒に東京へ来た友達の番号を聞き、なんとか池袋駅で待ち合わせできました。

そのあとSoftBankショップへ行きなくしてしまった電話回線を止めて、新しい端末を購入しました。
なくしたiPhoneは戻ってこないだろうと諦めていたのですが、今考えると何故(iPhoneを探す)をやらなかったのか…その時そんな機能がiPhoneにあるなんて知らなかったのです。

「iPhoneを探す」は紛失してしまった時に、そのiPhoneの所在地を教えてくれる機能です。それだけでなくこの機能をオンにしておくと、例えそのiPhoneを強制的に初期化されてしまってもアクティベートの際にロックがかかり「Apple ID」と「PASS」を打ち込まないと初期化が完了しません。これが「アクティベーションロック」です。