iPhoneの水没修理の復旧率

今回はiPhoneのよくある故障箇所と修理方法について紹介しようと思います。二回目は「水没」の復旧率を紹介いたします。

夏になれば海や川、プールなどに行く機会が増えるので、iPhoneを水没させてしまう人が増えてしまいます。私のiPhone修理店にも夏から秋にかけて水没修理の依頼が増える傾向があります。iPhone7で防水仕様になったため、水没修理の依頼件数は若干減っていますが、それでもiPhone7以前の機種を使用しているお客様が圧倒的に多いですし、iPhone7でも水没してしまうこともあります。

まず初めに、iPhoneの水没修理はどうやるのか?と言う疑問に答えて行きたいと思います。iPhoneの水没修理は、基盤など全ての部品を外しことからスタートして精製水を入れた超音波洗浄機で洗浄(クリーニング)を行い、その後にエタノールで水気を飛ばします。その際にブラシで基盤のクリーニングも行います。水没の修理方法は大まかに言うとこんな感じです。

続いて、水没修理の復旧率はどのくらいなのか?という疑問に答えていきます。
お店によっても差はあると思いますが、私のiPhone修理店では大体7割(70%)位は復旧できるのではないかな?と言う感じです。水没の場合は、複数個所に不具合が生じている場合が多いので、その個所を正確に把握するのも大切です。それによって細かく見極める事が出来ますからね。

水没修理の復旧率が限りなく100%に近くなる様に頑張って行きたいと思っていますが、修理店側の水没修理で復旧するのにカギになるのが、超音波洗浄とエタノールでのクリーニングで、いかに腐食を落とす事が出来るかにかかってきます。しかし、水没時のお客様の対応次第で復旧率はかなり変わりますし、海で水没させてしまうと海水なので復旧が難しくなるという現状があります。そういう意味で復旧率は70%が限界ではないかと感じています。