iPhoneのパネル再生

今回はiPhone修理には必ず必要になる「交換部品」について紹介しようと思いますが、「iPhone修理屋の裏側」ということで「iPhoneのパネル再生」について書いていきます。

iPhoneのパネル再生とは、ガラス割れや液晶破損のフロントパネル修理で交換したパネル(ひび割れなどで壊れたパネル)は傷の無い新しい状態に再生することができるんです。これはiPhone修理店をやっている人じゃないと知らないのではないでしょうか?

このiPhoneのパネル再生ですが、自分のお店でやっている修理店は少なくて、多くのお店は交換したパネル(壊れたパネル)を業者に送り、リサイクルされたフロントパネルとして返送してもらいます。そのままパネルごと買取ってもらうこともあります。フランチャイズ契約でiPhone修理店をやっているお店だと本部がまとめて買取ってくれることもあるようです。

自分のお店でパネル再生まで出来れば最高なのですが、パネルを再生するのは見た事は無いですが、専用の機械があり、その専用の機械が必要なので、その機械さえあれば、自分たちでパネル再生できるということなのです。自社でパネルが再生が出来れば、壊れているパネルをお店で再生しちゃうんで、部品代の経費を抑えることができますが、そこまで気合が入った修理店は少ないでしょう。

ここまで聞くとパネル再生はメリットしかないように感じますが、パネル再生で蘇ったフロントパネルは質が悪いことが多く、お店の信用を落とす原因になる可能性もあります。そういう事情があることから、フランチャイズ契約の修理店以外は再利用せずに、そのままパネル業者に買取ってもらうことが多いようです。