iPhone修理の価格

iPhoneが故障してしまったり、不具合があるなと感じたら皆さんはどの様に対処しますか?恐らくですが、新しい機種に買い替えるか、iPhone修理店で修理してもらうかのどちらかだと思います。そういう意味で、もしiPhone修理店がなければ中古のiPhoneを買うか、新しいiPhoneに買い替えるのどちらかの選択肢しかなくなるわけですので、iPhone修理店の存在はお客様とお店側の両方にとってありがたい存在と言えます。

そこで問題になってくるのが、iPhone修理の修理代をどう捉えるかがあります。
お客様目線で言えば、できる限り修理代は安く抑えたいと思うのは当然のことなので、価格だけ見てしまうとiPhone修理は高いというイメージになってしまいます。さらに、修理の大半は部品交換なのですが、部品の単価をお客様は当然知らないので高いと感じてしまうのは仕方がないことです。

お店側目線だと適正価格だと思って修理店をやってる人がほとんどです。たしかに修理代金は安くても5,000円、高い修理内容だと10,000円や20,000円以上かかってしまうこともありますが、iPhone修理で必要になる交換部品もそれなりに高額なので仕方がないことなのです。ざっくりですが、だいたい修理代金の50%くらいが部品代になっているお店が多いと思います。新しい機種だと部品代も高額になってしまうので修理代も自然と高くなってしまいます。したがって、修理の交換部品が安くなれば自然とiPhone修理の価格は安くなると思います。

しかし、iPhone修理用の交換部品が安くなることはないと思います。なぜなら、iPhone自体が今後さらに進化していくため、使われるパーツも高額になってくることが考えられます。日本ではiPhoneが簡単に買うことができてしまうため高級品というイメージがあまりないようですが、実はiPhoneはスマホ端末の中でもトップクラスの高級品(高額なスマホ)なのです。そのことを考えると修理部品も高くなるのは当然のことなのでiPhone修理の価格は適正ではないかと思ってもらえるかもしれません。