iPhone修理屋の修理と買取

iPhone修理店の業務内容はiPhone修理はもちろんですが、中古やジャンク(壊れている状態)のiPhone買取も行っています。お店によってはiPhone以外に「ガラケー」や「Androidスマホ」の買取も取り扱っていますが、だいたいのお店はiPhone専門店になっています。

iPhone修理

まず、iPhone修理についてですが、iPhone修理店を運営していると様々な症状のiPhoneがお店に持ち込まれます。「フロントガラスが割れた」・「液晶画面が破損した」・「バッテリーの持ちが悪い」・「カメラが起動しない」・「音ができない」・「ボタンやタッチパネルが反応しなくなった」・「水没させてしまった」・「突然起動しなくなった」など軽度なものから重度なものまで様々です。

iPhoneの壊れる箇所や不具合が起きる箇所は、だいたい上記であげた症状になるので、予期しない症状以外は即日から翌日で修理が可能になります。修理料金は、機種や修理内容によって異なり5,000円~30,000円くらいで新しい機種になると修理料金は高くなってしまいます。お客様によっては修理をするか、新しいiPhoneに買い替えるか迷われる人も多いので、修理と平行してiPhoneの買取も行っています。

iPhone買取

次に、iPhone買取についてですが、iPhoneの買取依頼が実は結構多いのです。修理依頼で来店されたお客様でも修理料金が予想より高額だなと思った人などが、そのまま買取査定も同時でお願いされることがよくあります。したがって、iPhone修理店で買い取る端末は中古品よりも壊れたジャンク品のiPhoneが多くなります。

お店によっては壊れたiPhoneや動かなくなったiPhoneの買取は取り扱っていないこともあるので、iPhoneジャンクの買取をしているお店は意外と需要があるのです。本業はiPhone修理なので、壊れていても修理が可能ですし、修理が不可能な端末でも部品取りとして活用することができるのでお店としてもメリットがあります。

悪質なiPhone修理店にご注意を

iPhone修理店は即日から修理が可能と、とても便利なお店ですが、iPhone修理店は慎重に選ばないと痛い目に合うこともあるので注意が必要です。

例えば、iPhoneの電源が入らない状態(起動不良)というのは重度な症状に感じてしまうが実はそういうわけでもなく、だいたいの場合は「バッテリーの劣化」が原因で起こる症状で、新品のバッテリーと交換するか、一度バッテリーのコネクターを抜き差しすれば起動してしまうケースがよくあります。ここで注意してほしいことがあり、悪質なiPhone修理店だとバッテリーのコネクターの抜き差しだけでもバッテリー交換と同じ料金を取ったり、基盤のクリーニング代を請求するようなことがあります。

素人からすると動かなくなって諦めていたiPhoneが動くようになったので、そのくらいの金額は支払うのが当たり前だと思ってしまいますが、実際は、1分程度の作業で直ってしまっていることが多くあります。

同じようなケースは他にもあり、よく充電器を差しても充電マークも出ないし、充電が全然できないという症状があります。充電のコネクター部分が壊れてしまったのかとiPhone修理店に行くと思いますが、ほとんどの場合はコネクターにホコリがつまっているだけということがあります。この作業はピンセットで綺麗にするだけなので、修理の所要時間はわずか10秒。これで5,000円以上の料金を請求するお店があります。

ここで訂正しておきたいのが、あくまでも悪質なiPhone修理店のお話しで、ほとんどのお店ではそのようなことはしていないと思います。
私のお店では、充電不良のお客様が来店された時は、すぐに端末は預からず充電コネクターをその場で確認して、汚れていたら簡単なクリーニングをして充電器が反応したらその場でお返しするようにしています。作業時間がたった10秒で5,000円以上もらえるならいただきたいのは正直なところですが、そんなことをしていたら良い評判どころかリピートもしてもらえないと思っています。

良い修理店なのか悪い修理店なのかを見分けるのは難しいと思いますが、大型ショッピングセンター内のテナントにある修理店は、評判が一番大事なので、まず安心して利用しても大丈夫だと思います。あとは、自分のiPhoneを修理店にお願いする前にネットなどで評判を確認することで被害を防止することができるはずです。